2016年03月12日

3月12日

20160312A.jpg
先日、岩手県花巻市のマルカンデパートがこの6月に閉店するというニュースが新聞やテレビで伝えられました。
今までに何度か行ったことがあるのですが、マルカンの展望大食堂の素晴らしい雰囲気が失われてしまうのはとても残念です。
というわけで、いても立ってもいられずに、行ってきてしまいました…。

20160312E.jpg
夕方になって戻って来た石巻は、昨日まであちこちで見かけた観光客もあまり見かけず、週末とは思えない寂しさです。

20160312D.jpg
知人のSさんが立ち寄って、こんな春の便りを置いていってくれました。
posted by 番台 at 19:26| Comment(0) | 日記

2016年03月11日

3月11日

20160311A.jpg
朝一番で日和山に行ってきました。震災の日、門脇、南浜の人たちは、津波から逃れ、この階段を上ってきました。しかし、ここまでたどり着けずに亡くなった方もたくさんいらっしゃいます。
かつては住宅地だったこの地区の大部分が、今は居住できない地域になってしまいました。

20160311B.jpg
旧北上川の両岸は、堤防工事や橋の架け替え工事などが進んでいます。復興住宅も急ピッチで建設が進んでいます。しかし、かつては石巻の中心部だったこの地域は、人口が激減し、復興住宅が完成しても果たしてどれほどの人が住むのでしょうか?

20160311C.jpg
3月11日、石巻市内の公立学校は休校で、朝からKちゃんが遊びに来ました。
実は、Kちゃんも、震災による津波で父方のお婆ちゃんを亡くしています。石巻では、震災で親戚や知人を亡くした人がたくさんいます。

20160311D.jpg
震災の翌々年、かつて千人風呂があった小屋で生まれたニャンコは、今日も元気にやって来ました。
しっかりご飯を食べて、マタタビを愉しんで、被災地観光の人が行き交う街に出かけていきました。

20160311E.jpg
Kちゃんのおじいちゃん(南華園のお父さん)から、お昼が届きました。

20160311F.jpg
お昼の後、Kちゃんと羽黒山公園に行き、街を眺めてみました。復興住宅などの建設が進む街ですが、あまり活気が感じられないのは、やはり人が少なくなってしまったからでしょうか?
震災から5年、問題山積の石巻。震災発生時刻に流れるはずの慰霊のサイレンが流れないという不手際もありました。これからは市民が主役の復興が進むことを心から願います。
posted by 番台 at 18:03| Comment(1) | 日記

2016年03月10日

3月10日

20160310A.jpg
この頃カメラを向けると恥ずかしそうにするニャンコです。

20160310B.jpg
来週、大森公民館で行うKumanecoライブの仕込みにおわれていますが、ニャンコは手を貸してくれません。
posted by 番台 at 18:19| Comment(1) | 日記

2016年03月09日

3月9日

20160309A.jpg
今日は一日中どんよりした空で、部分日蝕も見ることはできませんでした。

20160309B.jpg
夕方になってやって来たニャンコも日蝕は見れなかった言っておりました。
posted by 番台 at 18:54| Comment(0) | 日記

2016年03月08日

3月8日

20160308A.jpg
昼過ぎまで山形市にいたのですが、とても暖かく、フクジュソウがきれいに咲いていました。

20160308B.jpg
午後遅く石巻に戻ってきたのですが、街は霧に包まれていました。

20160308C.jpg
そして、霧の中から現れたニャンコです。
posted by 番台 at 19:55| Comment(0) | 日記